Discography

アルバムには、無料音源としては公開していない楽曲、あるいはバージョンの異なるものを基本的に収録しています。販売形態、販売場所、販売時期によって値段が異なる場合があります。

Structure

2年半の沈黙を破り、デトロイト・テクノ+テック・ハウス+アンビエント・テクノ掛け合わせた混血電子音楽再起動。130BPMでスネアのない4つ打ちに加え、アンビエントで7拍子な2曲、宇宙系電子音楽家「久遠みへき」が歌う歌モノをも収録。

現在、東京-池袋のインディーズ系CDショップ「TOKYO FUTURE MUSIC」での独占先行販売中です。通販もありますので、詳しくはお店のサイトまで。ダウンロード販売は、2018年4月29日(日)に開催されるM3(http://www.m3net.jp)以降となります。

Re-Construction

英ZTTに音楽的ルーツを持つテクノ+ハウス+アンビエントの混血電子音楽。フリーダウンロード音源をアルバムバージョンとして再構築した楽曲に、未発表曲を加えたミニアルバム。人声サンプリングが耳に残る、カテゴライズ困難な浮遊系電子音楽。

Aerial Exhibition Part 4

4つ打ちを基本としたビート、エモーショナルなリフ、303風シンセ音色、エスニック系打楽器や人声などのサンプリングをトッピングしたカテゴライズ困難な電子音楽を130BPMのノンストップで繋ぐAEシリーズ第4弾。作業用BGMとしておすすめ!

Aerial Exhibition Part 3

爆発的にテクノジャンルが開花した90年代にイギリス前衛サンプリング音楽集団「アート・オブ・ノイズ」を聴いて過ごしたAero Finbackがたどり着いた、カテゴライズ困難な電子音楽を130BPMのノンストップで繋ぐAEシリーズ第3弾。

Aerial Exhibition Part 1+2

テクノ+ハウス+テクノ掛け合わせた混血電子音楽をノンストップで繋ぐAEシリーズ初期の2作品が合体版で復活。後発の3、4がよりビートを意識したDJ的な作りだとすれば、この1+2は音色やハーモニーに重心を置いた組曲的作品。


アルバム入手方法

※ 販売形態、販売場所、販売時期によって値段が異なる場合があります。

💿 CD販売

CDは東京池袋のインディーズ系CDショップ「TOKYO FUTURE MUSIC」、あるいは「M3」など同人音楽即売会等のイベントで販売しています。

CD通信販売

TOKYO FUTURE MUSICより通信販売でご購入いただけます。

参加予定のイベントなど

・2017年4月29日(日) 東京流通センター : 音系・メディアミックス同人即売会 M3

ダウンロード販売

ダウンロード販売サイト、Bandcamp(http://aerofinback.bandcamp.com/)にてダウンロード販売を行なっています。

価格

ダウンロード販売サイトBandcampでは、価格を購入者が変更できるようになっています。最低価格が設定されていますので、その価格を入力してご購入ください。もちろんそれ以上の価格でご購入いただけますが、内容は変わりませんのでご注意ください。

ファイルフォーマット

Bandcampではダウンロードするファイルフォーマットを選択できます。曲間のない「ギャップレス」アルバム(ノンストップミックス)では、MP3形式では曲間にわずかな隙間が出来てしまう場合があります。ALAC または FLACでのダウンロードを強くお勧めします。(iTunesをご使用の場合ALACフォーマットがお勧めです)