Roland JUNO-106 Repair

久しぶりにJUNO-106をひっぱりだしてみた。

ところが、電源を入れて10分くらいすると、何も鍵盤を押さえていないのに「バリバリバリ!ビーーーーー!バリッ!ビビーーーー!Σ(゚Д゚)!」って感じのノイズと生のオシレータの音。典型的な「例のカスタムチップ(80017A)」が壊れてる症状。テストモードで調べてみると3番目のチップが壊れていた。

JUNO-106に使われている、80017A(IR-3109とBA662で作られたVCF/VCA基板を樹脂で固めたもの)はめちゃくちゃ壊れやすいらしい。ついに自分のJUNOにもその時が訪れたようだ。中古で手に入れた当時は完動美品だったが、使わずとも押入れにしまって置くだけで壊れてしまうようだ。

ジャンクのJUNO-106や同じ80017Aを使用しているMKS-7を買って、ニコイチにする手もあるのだけれども、いずれ他の80017Aも壊れるだろうから、海外で通販されているクローンチップを試してみることにした。

買ってみたのは、http://www.synthrestore.co.uk/products.htm の「SR4217A hybrid chip.6個セット」。

他にもhttp://www.analoguerenaissance.com/D80017/、とかあるのだけど、購入方法が面倒そうだったので、Paypalでの支払いだけで済ませられる前者にした。

さっそくクローンチップと挿し替え。

でもまた壊れたとか、他のチップを試すとか、自作クローンチップを作ろう!なんて事にならないとも限らないので、ソケット化して、簡単に差し替え出来るようにした。

使ったのは秋月で買った丸ピンICソケット(シングル40P)

クローンチップに差し替え後、このあたり(http://www.hinzen.de/midi/juno-106/)でサービスマニュアルを入手して再調整。

蓋を開けたついでに、電源周りの電解コンデンサも新しいものと交換。色々部品交換したら、中古で購入したときの価格に迫る勢い…

フィルターを換えちゃったのだから、音も変わっちゃったのだろうけれども、JUNO-106の音とかすっかり忘れちゃってるので良しとする。

mat_juno106demo.mp3

JUNO復活記念として早速、JUNO-106を使ってのデモ曲を作ってみた。リズム以外はすべてJUNO-106。

9 comments

  • みへき : 2008年11月7日

    直って良かったですね(*^-^*)
    しかし!シンセの中身初めてみましたΣ(゚∀゚ノ)ノ
    すごい、こうなっているんだあああああぁー!と、ちっと感動!

    JUNOシリーズは今でも出続けてるけど、
    106は一番親しみがあるシンセな感じがしてます。
    ストリングス系とかpadの音が大好きでした〜(*^-^*)

    懐かしい音を聞かせてもらいました>MP3
    優しく伸びる音がたまらない(>w<)

  • mat (Aero Finback) : 2008年11月12日

    コメントありがとう

    JUNO-106のストリングスが好きっていう方、結構多いですね。

    自分は音よりもルックスと操作性が気にいってるんですよね。考えてみると、音そのものが気にいっているシンセってないかも(´Д`;)と言うよりあまり気にしてなかったり…とちょっとダメな感じです。前向きに捉えると、作りたいと思った音に簡単にアクセスできる操作性と、音を作りたいと思わせるルックスがあれば最高といったところかもです。

  • RJB : 2008年11月23日

    すばらしいリペアレポートとサウンドデモですね。
    JUNO-106は現在は手元にありませんが、matさんの美しいデモを聞いて、もう一度欲しくなりました。
    リペアも大変丁寧に作業されて、感服いたしました。

  • mat (Aero Finback) : 2008年11月25日

    コメントありがとうございます

    RJBさんのブログはいつも拝見し、勉強させていただいております。ありがとうございます。

    古いシンセを手にしてしまうと、どうしてもリペアや調整が必要になり、その度に修理に出していたのではお金がいくらあっても足りないので勉強し始めたところです。それが高じて、諸先輩方が製作された自作シンセに興味を持ち、回路の切り貼りをしてSYSTEM100Mと組あわせて遊んでおります。RJBさんのNJM4200を使ったリングモジュレータ、まだブレッドボード上ですが利用させていただいております。

    いつの日か、RJBさんのような自作シンセのレポートが出来るといいなと思っております。

  • か○きい : 2008年12月10日

    たまたま JUNO-106 に関する情報をググっていたらたどり着いたのですが、内容とデモサウンドを聴いて本当に感動しました。
    そこで一つ質問というかお願いになるのですが、僕のおそらく初期モデルのJUNO-106はまだこの症状は出ていないのですが、同じようにJUNOをリペア依頼をすることって可能でしょうか?もし可能でしたらお幾らくらいになりますか?

  • mat (Aero Finback) : 2008年12月11日

    コメントありがとうございます

    リペア依頼についてですが、申し訳ございませんが、私はプロのリペアマンではありませんので、そうした御依頼をお引き受けすることは出来ません。ご了承ください。

    「JUNO 106 修理」で検索しただけですが、以下のようなプロの修理屋さんに相談してみてはいかがでしょうか?
    http://www011.upp.so-net.ne.jp/mondo-reco/

    なお自分でリペアするのにかかった部品代は全部で2万5千円程度だったと思います。自分はJUNOを中古で2万くらいで買ったので、修理金額としてはまったくつりあっていません。ただ、JUNOの持病を克服すると言う意味では良かったのかも知れませんが…

  • か○きい : 2008年12月11日

    親切丁寧なコメントありがとうございます。
    いえいえ、写真を見る限りでは充分プロの領域というか106に限っていえば神の領域です。
    オープンエアさんのサイト、僕も見つけましたが、その部品代であの作業ならびにサウンドはほんとに魅力的です。

    ちなみに昨夜は投稿後にまた久しぶりに106を引っ張りだしてきて遊んでしまいました。できればこのまま壊れないよう祈っているのですが…

  • パク : 2009年1月15日

    修理までしてるんですか。
    凄い~
    ミクシーに動画載せました、見に来てください。
    音質よくないのが残念。

  • mat (Aero Finback) : 2009年1月15日

    コメントありがとうございます

Leave a comment


The content of this field is kept private and will not be shown publicly.
このメールアドレス欄は入力しても公開されません。
Comment: *required (必須)

*